5jyagaimo

野菜を毎日きちんと食べ続けるのが
ダイエットの1番の近道ですが、
いろいろな種類の野菜を毎日揃えて食べるのは難しいですよね。

そんなあなたにはオスモチンを摂ることをおススメします。

オスモチンについて

オスモチンというのは植物が外からの害に対して、
自信を守るために作り出している成分の1つです。

じゃがいもやトマトに特に多いといわれています。

ほかにもとうもろこし、ピーマン、リンゴ、ぶどうなど
多くの植物に含まれています。

オスモチンの効果

・メタボリックシンドロームの解消

オスモチンには体内のアディポネクチンの受容体を活性化させるという効果があり
その結果としてメタボリックシンドロームを予防するといわれています。

これはアディポネクチンの働きが弱い人が動脈硬化や血糖値の高いという傾向があるようで、
アディポネクチンを活性化させることでメタボ予防に役立つという話なんだとか。

・糖尿病の予防

アディポネクチンは糖質の代謝、インスリンのサポートをするようで、
糖尿病になっている人やなりかけの人にとっては活性化させたいもの。

メタボの部分でも説明しましたが、オスモチンがアディポネクチンを活性化させるわけで、
結果として糖尿病の予防につながっているわけです。

オスモチンの摂り方

じゃがいもに多く含まれるオスモチンを
カロリーを少なめで毎日摂るにはすりおろしを食べるのが最良。

じゃがいもの芽と皮を丁寧に取り除いて、
すりおろして食べましょう。

味噌汁にいれるのもいいし、
ポン酢などで味付けするのもいいですね。

毎日、夕食の時間に摂る場合は
ご飯の変わりにするとダイエットで結果がでやすいです。

感想

今までじゃがいもというと
フライドポテトなど野菜というよりも
ご飯などの主食的なイメージが私にはありました。

実際にドイツなどではじゃがいもが食べられているわけですから。

でも野菜として大変栄養が高く、
食べることで多くのメリットがあることがわかりました。

ダイエット中でもすりおろしたじゃがいもなら
美味しく満腹感も感じながら食べることができます。

今後はじゃがいものすりおろしを
レシピに加えて頻繁に食べていこうと思います。